(出典 s.liverealmadrid.jp)



今夏レアルに加入した18歳ブラジル人FWロドリゴも移籍の可能性

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場でベルギー代表MFエデン・アザールをはじめ、日本代表MF久保建英(マジョルカへ期限付き移籍)、18歳ブラジル人FWロドリゴらを獲得した。そして市場の閉幕直前にパリ・サンジェルマンブラジル代表FWネイマールを虎視眈々と狙っているようだが、スペイン紙「マルカ」によるとロドリゴの武者修行の可能性が出ているようだ。

「ロドリゴは、クボに続いてローンという形でレアルから出る可能性がある」

 このように記されたタイトルの記事では、プレシーズンのインタナショナルチャンピオンズカップ(ICC)で鮮やかな直接FKを決めるなど、久保とともに鮮烈な印象を残したロドリゴの去就について触れている。

ブラジル人であるロドリゴはDFエデル・ミリタオ、ヴィニシウスとともにEU枠外の選手の枠(リーガ登録は3人まで)を一つ占めているが、タケフサ・クボはすでに1年間の期限付きでマジョルカに移籍した。レアルが、ネイマールとの契約でPSGと合意に達した場合、日本人アタッカーと同じ形で、今シーズンを(レアルの本拠地である)サンチャゴ・ベルナベウから離れるかもしれない」

 記事では長期的な戦略としてロドリゴの成長を待つ一方で、現在カスティージャ(レアルBチーム)に在籍するロドリゴが怪我から回復途上で、週末のセグンダB(3部)開幕戦での公式戦デビューの可能性を低いと見ているようだ。

 久保に続いてレアルの将来を担うと見られるロドリゴも武者修行に出るのか。それを決めるのはブラジルの大先輩であるネイマールの決断次第とも言えそうだ。(Football ZONE web編集部)

武者修行の可能性が出てきたレアルFWロドリゴ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)