(出典 pbs.twimg.com)



 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの現役引退を受けてメッセージを発信した。

 23日に行われた2019明治安田生命J1リーグ第24節で、トーレス擁するサガン鳥栖ヴィッセル神戸に1-6で敗れた。トーレスは同試合を最後に、18年間に及ぶ現役生活にピリオドを打つことを発表していた。

 セルヒオ・ラモスは自身の公式Twitterを更新。かつてスペイン代表の“黄金時代”を共に作り上げたトーレスとのツーショット写真と共に「チームメイトであり、ライバルであり、友人であり、レジェンドでもある。“エル・ニーニョ(少年)”のままで、全てを勝ち取ったフエンラブラダ(トーレスの出身地)の少年」と投稿している。

スペイン代表で共演したトーレス(左)とS・ラモス(右) [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)