(出典 f.image.geki.jp)



ステップアップ希望を公言している堂安は「PSVに行きたがっている」と現地紙言及

 オランダ1部フローニンゲン日本代表MF堂安律は、今夏の移籍市場で強豪PSVへの移籍が噂されている。現地時間18日のリーグ第3節AZアルクマール戦(0-0)を頭痛で急遽欠場したことで報道は過熱しているが、オランダメディアは堂安がPSV移籍を望んでいるとし、「あとはクラブ次第」と伝えている。

 PSVメキシコ代表FWイルビング・ロサノがナポリ移籍に近づき、代役として堂安が獲得候補に挙がっているとオランダサッカー専門誌「Voetbal International」が報道。マルクファン・ボメル監督も興味を示しているとされていた。

 堂安は18日のAZ戦で先発予定ながらアップ中に急遽離脱。衛星放送「FOXスポーツ」によると、「頭痛があった」とダニーバイス監督が話し、体調不良で欠場となった。

 そんななか、オランダ紙「Eindhovens Dagblad」は、「堂安はPSVに行きたがっており、PSVは興味を持っている。あとはクラブ次第」と見出しを打ち、現状をレポートしている。

PSVフローニンゲンの堂安律獲得に興味を持っていることが明らかになった。PSVマルクファン・ボメル監督は、堂安に興味を持つ人々がいることを認めたが、補強の候補者が何人もいることも示唆した。PSVのシャツを着た堂安を見るには、両クラブが合意に達する必要がある。移籍金800万ユーロ(約9億5000万円)が現実的だと見られている」

 堂安は常々ステップアップの希望を公言してきたが、果たして夏の移籍市場が閉まるまでにオランダの強豪PSVへ渡ることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

強豪PSVへの移籍が噂されているフローニンゲンMF堂安律【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)