(出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



開幕戦ヘタフェ戦に先発出場 後半10分に驚異の突破からPK奪取

 アトレチコ・マドリードは現地時間18日、リーガ・エスパニョーラ開幕戦でヘタフェと対戦し、1-0と勝利を収めた。2013-14シーズン以来となるリーグ制覇に向けて好スタートを切ったなか、新加入のポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが見せた圧巻のドリブル突破が反響を呼んでいる。

 19歳のフェリックスは昨年8月、ベンフィカでプロデビューポルトガル1部で15得点といきなりの大ブレークを見せ、今夏1億2600万ユーロ(約153億円)という歴代3位の高額移籍金でアトレチコへ渡った。プレシーズンでもその高評価に違わぬ活躍を見せていたフェリックスは、開幕戦から先発出場。1-0で迎えた後半10分に美技を魅せる。

 自陣右サイドボールを持ったフェリックスは、立ちはだかった1人目の相手を股抜きで無力化すると、寄せてきた2人目も振り切り、敵陣深くへと侵入。追いすがる3人目のDFと並走しながらペナルティーエリア内にドリブルで突き進むと、最後は横からのタックルを受けてPKを獲得した。

 背番号「7」の前任者であるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)に勝るとも劣らない衝撃的なパフォーマンスに称賛が集まるなか、英メディアスポーツバイブル」は「フェリックスはアトレチコでの公式戦デビューでヘタフェDF3人を屈服させる」と伝え、「あたかも誰もいないかのように疾走した」とその様子を表現。さらに次のように称賛している。

「ハイレベルスキルスピードバランス感覚を披露し、ペナルティーエリアに向かって突き進んだ。最後の1人となったDFはファウルでしか止めることができず、これ以上ないほど恥をかかされることになった」

 残念ながらPKはスペイン代表FWアルバロ・モラタが失敗し、フェリックス自身は後半21分に負傷交代となったが、66分間の出場で残したインパクトは計り知れない。負傷が軽度に終わり、さらなる爆発を見せてくれることを期待したい。(Football ZONE web編集部)

圧巻のドリブル突破でPKを獲得したアトレチコ・マドリードFWフェリックス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)