no title


ドリブルから右足一閃、強烈な移籍後初ゴール決める

 サッカーJ1鹿島から、バルセロナへ移籍した日本代表MF安部裕葵が18日、バルセロナBのメンバーとして開幕前最後のプレシーズンマッチとなる、同じく2部B(3部相当)のリャゴステラと対戦。鮮やかな先制ゴールを決め、スペインメディアから称賛を集めている。

 名刺代わりの強烈な一撃だった。プレシーズンで負傷していた安部だが、開幕を前に回復をアピールした。

 開始早々の前半2分だ。左サイドボールを受けた安部。ドリブルで中央に進入していくと、相手DFに寄せられながらも巧みにボールコントロール。そして3人に包囲されながら、シュートレンジに入ると迷いなく右足を振り抜いた。

 ニアを破る一撃は、待望の移籍後初ゴールバルセロナの公式ツイッター日本語アカウントが動画で公開。現地紙「スポルト」も「ヒロキ、さっそくバルサBでゴール」と題し、称賛を送っている。

故障の出遅れから復帰「簡単なことではなかった」

「日本選手が見事な個人技でリャゴステラ相手に先制ゴール」とリード文をつけ、さらに続けて「日本のストライカーが個のアクションでリャゴステラ守備陣を驚かし、GKマルコスに鋭いショットを見舞った」と称えている。

 故障で出遅れていたことにも言及し、「ヒロキにとってはプレーするのは簡単なことではなかった」とも付け加えている。

 開幕を前に好調をアピールした安部。将来的なトップ昇格、間もなく始まるリーグ戦へ向けても期待が高まってきた。(THE ANSWER編集部)

安部裕葵【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)