no title


セルタを1-3で下して、リーガ開幕戦に勝利したレアル・マドリー

だが、後半にルカ・モドリッチが一発退場。物議を醸しているシーンがこれだ(動画3分24秒~)。

デニス・スアレスの足首付近を踏みつけてしまったモドリッチ。VARによって、レッドカードが提示された。

人生初の一発退場になったモドリッチは、SNS上で意図的ではなかったとして判定への不満を露わにしている。現地でもこの一発退場の判定は物議を醸しているという。

ただ、スペインサッカー連盟は開幕前の13日に「後方からのアキレス腱へのファウルレッドカードで罰せられる」との通達を出していた。今回はまさにそのケースに該当したと言えそうだ。

『AS』でも、「今年レフェリーアキレス腱への後方タックルには容赦しない」などと伝えている。

意図的か否かは考慮されないのかは不明だが、アキレス腱への後方タックルは厳罰に処するということのようだ。

モドリッチが一発退場になった理由、「アキレス腱ルール」だと判明


(出典 news.nicovideo.jp)