no title

 リーガ・エスパニョーラ第1節が17日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでセルタと対戦した。

 3年ぶりの王者奪還を目指すレアルは、新加入のエデン・アザールが負傷欠場となったが、移籍の噂があったギャレス・ベイルが先発出場。ハメス・ロドリゲスや新加入のルカ・ヨヴィッチはベンチスタートとなった。

 レアルは12分、ギャレス・ベイルがペナルティエリア左へ切り込んで折り返すと、中央のカリム・ベンゼマが合わせて先制に成功した。1点リードのまま試合が進み、後半に入って56分、ルカ・モドリッチがデニス・スアレスのかかとを踏んで、ビデオ判定の結果、レッドカードで一発退場となった。

 数的不利となったレアルは直後の58分、ネストル・アラウホに決定的なヘディンシュートを許したが、ここはGKティボー・クルトワが好セーブピンチを凌いだ。それでも61分、トニ・クロースがエリア手前右でパスを受けて右足を一閃。強烈なミドルシュートゴール左上に突き刺して、追加点で嫌なムードを一蹴した。

 すると80分、カゼミーロが高い位置でボールカットすると、マルセロ、イスコベンゼマリズムよくつないで、最後はエリア右のルーカスバスケスが冷静にゴール左へ沈めて大きな3点目を奪った。

 後半アディショナルタイム1分、セルタの18歳イケル・ロサダにエリア右から右足シュートを決められて1点を返されたが、試合はこのまま終了。10人のレアルが敵地で勝利を収めて白星スタートを飾った。

 次節、レアルは24日にホームでバジャドリードと、セルタはホームバレンシアと対戦する。

スコア
セルタ 0-3 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 12分 カリム・ベンゼマレアル
0-2 61分 トニ・クロース(レアル
0-3 80分 ルーカスバスケス(レアル
1-3 90+1分 イケル・ロサダ(セルタ)

スターティングメンバー
セルタ(4-4-2)
ルベン;バスケス、D・コスタス、アラウホ、オラサ;ブライス、ロボツカ(75分 シスト)、ベルトラン(83分 P・シェイク)、D・スアレス;I・アスパス、G・フェルナンデス(88分 I・ロサダ)

レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;オドリオソラ、ヴァラン、S・ラモス、マルセロ;モドリッチ(56分 退場)、カゼミーロ、クロース;ベイル(75分 イスコ)、ベンゼマ(81分 ヨヴィッチ)、ヴィニシウス(69分 L・バスケス)

レアルはセルタに勝利して白星スタート [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)