(出典 www.soccer-king.jp)



トッテナムは17日、敵地エティハド・スタジアムで行われるプレミアリーグ第2節でマンチェスター・シティと対戦する。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はクラブ公式サイトインタビューで同試合に向けた展望を語った。

前節、ホームで行われた昇格組アストン・ビラとの一戦を3-1で逆転勝利したトッテナムは、連勝を目指して2連覇中のリーグ王者シティのホームに乗り込む。

ポチェッティーノ監督は今週のトレーニングの様子やシティの印象、ジョゼップ・グアルディオラ監督との対戦について語っている。

「今週のトレーニングは非常に素晴らしかった。我々は懸命にトレーニングに励み、良い感情面をゲームに向けて変換している。今回の一戦はヨーロッパで最高のチームの1つと対戦できるエキサイティングなゲームだ。マンチェスター・シティとの対戦はいつでも刺激的なものだ」

「シティは非常に印象的であり、ソリッドチームだ。同時に良く組織されていて多くのクオリティーを備えている。ここ数年で彼らはその巨大なクオリティーを示し続けている。エティハドでの一戦は我々にとって大きなチャレンジになると思っている。双方にとってタフなゲームになると思うが、ベストを尽くして最善の結果を手にしたいと思っている」

また、シティ戦に向けたゲームプランに関しては個人、チームとして最高のクオリティーを示す必要があることを強調している。

マンチェスター・シティのようなチームに勝つためには最高のクオリティーを示す必要がある。それは個人、チームとして最善を尽くす必要があるということだ。多くの人たちが非常に優れたチームと対戦することを理解していると思うが、1つのゲームという観点では常に完璧に異なる事情や背景があるものだ」

「昨シーズンの対戦はあくまで昨シーズンのものであり、今は新しいシーズンを迎えている。現在、我々は自分自身の勢いを築いていく必要があり、シーズンの終わりに多くの重要なものを勝ち得るために最高の状態に到達していくことが重要だ。それが我々の焦点だ」

さらに、スペイン時代からのライバルでもあるグアルディオラ監督との今季最初の対戦に関しては、「個人的にいつも彼との対戦を楽しみにしている。彼と対峙することは自分にとって常にポジティブなものだよ。やはり、世界最高の監督と対峙することは嬉しいものだろ?」

最後に、今夏のデッドライン・デイにベティスから加入した同胞の新戦力、MFジョバニ・ロ・セルソのデビューの可能性に関して問われると、「ジョバニの判断は時期尚早だ。現在、彼は新たなクラブ、新たなチームメートに順応している段階だ。彼の人生において色々な変化が起きている最中であり、我々は落ち着いてポジション争いや新たな戦いに臨めるように時間を与えるつもりだ」と返答。現時点でデビューを急がせる考えはないことを明かした。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)