(出典 amd.c.yimg.jp)



リーガ開幕戦ビルバオ戦の招集メンバーに入らず

 スペインの強豪バルセロナは、現地時間16日のリーガ・エスパニョーラ開幕戦でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れ、黒星スタートとなった。一方、その試合に向けた招集メンバー19人に、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが含まれなかったため、移籍の可能性があると、イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 ビダルに関しては、セリエAの強豪インテルを今季から率いるアントニオ・コンテ新監督が獲得を熱望している。コンテ監督はユベントスを率いていた当時にビダルを重用し、“マエストロ”と称された元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏とともに中盤で代えの利かない存在としてプレーしていた。

 また、フランスの強豪パリ・サンジェルマンPSG)もビダルの獲得を狙うチームの一つだ。バルサ復帰も噂されるブラジル代表FWネイマールの、移籍交渉との絡みも指摘される。

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「彼は我々の選手だ。その後、何が起こるか見てみよう」というコメントを残したとされている。移籍市場はまだ開いているだけに、自身に対する評価をメンバー外だとビダルが判断すれば、駆け込みの移籍に傾く可能性も十分にあると見られているようだ。チリ代表のファイターは、コンテ監督との再会やフランス行きを決断するのだろうか。(Football ZONE web編集部)

バルサMFビダル【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)