no title


バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷した。

スアレスは16日に敵地で行われたリーガエスパニューラ開幕節のビルバオ戦に先発。だが、32分にポスト直撃のシュートを放つと、そのプレーで足を痛めてピッチを退き、終盤に失点したチームも11年ぶりの黒星スタートとなった。クラブの発表によれば、スアレスは右足の筋肉を負傷。土曜日(17日)にも精密検査を受ける見通しだという。

エースアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷の影響で出遅れているバルセロナ。今シーズンは始まったばかりだが、いきなり難しい状況に直面している。そのバルセロナは25日に行われる次節、ベティスをホームに迎え撃つ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)