EF6A9836-1DAB-49C1-BA59-9E7D92E15E70


 UEFAスーパーカップが14日に行われ、リヴァプールチェルシーが対戦した。

 昨シーズンチャンピオンズリーグ王者リヴァプールヨーロッパリーグ王者チェルシーが激突。大会史上初のプレミアリーグ勢対決は36分に動いた。敵陣中央でボールを持ったクリスティアン・プリシッチがドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア左へラストパス。抜け出したオリヴィエ・ジルーが左足ダイレクトで流し込んで、チェルシーが先制した。

 1点ビハインド折り返しリヴァプールは、アレックスオックスレイドチェンバレンを下げてロベルトフィルミーノを投入して後半を迎えた。すると立ち上がりの48分、エリア手前のファビーニョがダイレクトで浮き球パスをエリア内へ送ると、反応したフィルミーノがGKの目の前でジャンピングパス。これをサディオ・マネが押し込んで同点に追いついた。

 75分、リヴァプールビッグチャンス。右CKの流れでエリア左のモハメド・サラーが左足を振り抜くと、シュートは相手選手に当たってコースが代わるが、GKケパ・アリサバラガに防がれる。さらに、こぼれ球にフィルジル・ファン・ダイクが合わせたが、これもGKケパの好セーブに阻まれた。

 83分、チェルシーはメイソン・マウントが抜け出して左足シュートネットを揺らすが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。リヴァプールも86分、サラーのスルーパスでマネがエリア右に抜け出したが、シュートは枠を捉えなかった。

 試合は1-1のまま90分が終了し、延長戦に突入。95分、フィルミーノがエリア左へ侵入してマイナスに折り返すと、マネが右足ダイレクトで叩き込み、リヴァプールが逆転に成功した。だが99分、GKアリソンエリア内でタミー・アブラハムを倒してPKを献上。チェルシー101分、このPKをジョルジーニョがゴール右に沈めて、すぐさま同点に追いついた。

 2-2のまま120分も終了し、決着はPKへ。先攻のリヴァプールが5人全員決めたのに対して、後攻のチェルシーは5人目のアブラハムがGKアドリアンに止められて勝負あり。リヴァプールPK戦を制して、14年ぶり4度目のUEFAスーパーカップ制覇を果たした。

スコア
リヴァプール 2-2(PK戦:5-4) チェルシー

【得点者】
0-1 36分 オリヴィエ・ジルーチェルシー
1-1 48分 サディオ・マネ(リヴァプール
2-1 95分 サディオ・マネ(リヴァプール
2-2 101分 ジョルジーニョ(PK)(チェルシー

PK戦
先攻:リヴァプール/上
後攻:チェルシー/下

▼1人目
フィルミーノ:◯
ジョルジーニョ:◯

▼2人目
ファビーニョ:◯
バークリー:◯

▼3人目
オリジ:◯
マウント:◯

▼4人目
A・アーノルド:◯
エメルソン:◯

▼5人目
サラー:◯
アブラハム:●/GKストップ

スターティングメンバー
リヴァプール(4-3-3)
ドリアンゴメス、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン(91分 A・アーノルド);ヘンダーソン、ファビーニョ、ミルナー(64分 ワイナルドゥム);サラー、マネ(103分 オリジ)、チェンバレン(46分 フィルミーノ)

チェルシー(4-3-3)
ケパ;アスピリクエタ、クリステンセン(85分 トモリ)、ズマ、エメルソン;カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ101分 バークリー);ペドロ、ジルー(74分 アブラハム)、プリシッチ(74分 マウント

リヴァプールがUEFAスーパー杯を制覇 [写真]=Anadolu Agency via Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)