(出典 www.ehime-np.co.jp)



13日に入団会見、背番号スイス人DFグリッポから「23」を譲り受ける

 海外サッカードイツ1部ドルトムントからスペイン2部レアル・サラゴサに加入した日本代表MF香川真司は13日に当地で入団会見を行った。背番号はお馴染みの「23」に決まった。これまで暫定的に23をつけていた、同僚のスイス人DFシモーネ・グリッポから譲り受けた格好となった。香川は自身のインスタグラムを更新。「20」の背番号を持ったグリッポとの2ショットを公開し、反響を呼んでいる。

 心機一転、頭を高校球児ばりに丸めた新ヘアスタイルで驚かせていた香川。チームも期待の証として、背番号23を託した。

 香川は早速、1枚の写真を公開。青い練習着姿で23番の新ユニホームを手にニッコリ。そして隣には23番を譲ってくれたグリッポが、20番のユニホームを手にし、肩を並べている。

 香川は「Gracias Simone」(ありがとう、シモーネ)と記し、スペイン語で同僚への感謝を表明。この投稿は「また23で嬉しい!」「素晴らしいチームメイトですね!」「素敵な仲間にも恵まれて新しい船出期待しています」「No.23は本当に嬉しいです」などとファンの反響を呼んでいた。

 ドイツ語を話すスイス人のグリッポもいち早く歓迎の意向を示しているという。周囲からのサポートもあり、香川が新天地での歩みを開始する。(THE ANSWER編集部)

香川真司【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)