(出典 portal.st-img.jp)



レアル・マドリーは9日、2019-20シーズン背番号を発表した。チェルシーから新加入のベルギー代表FWエデン・アザールは7番に決まっている。

プレシーズンマッチでは50番や23番を付けていたアザールだが、かつてラウール・ゴンサレス氏やFWクリスティアーノ・ロナウドクラブレジェンドが着用してきた栄光の7番を背負うことになった。

一方で昨季、C・ロナウドの7番を譲り受ける形となったFWマリアーノ・ディアスは24番に変更されている。その他、新加入組ではDFミリトンが3番、DFフェルラン・メンディが23番、FWルカ・ヨビッチが18番、FWロドリゴ・ゴエスが27番となっている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)