(出典 www.football-zone.net)



アウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェに5-3勝利

 レアル・マドリードは現地時間7月31日アウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェと対戦。日本代表MF久保建英は後半28分から途中出場したなか、レアルは5-3で勝利を収めた。

 序盤はフェネルバフチェにペースを握られ、前半6分に先制されたレアルだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが同12分、27分にゴールを決めて逆転に成功。しかし同35分には再びフェネルバフチェにゴールを許し、2-2の同点で前半を終えた。

 後半も点の取り合いとなり、レアルベンゼマハットトリックスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスゴールで4-3とリードした後半28分、久保が投入される。準決勝トットナム戦では右サイドに配置された久保だが、今回はトップ下へ。よりゴールに近い位置でのプレーとなった。

 その後、レアルはドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが加点してスコアは5-3に。後半42分には久保が右足で鋭いシュートを放ったが、GKアルタイ・バユンドゥルに防がれた。

 試合はそのまま5-3で終了。レアルは今夏のプレシーズンマッチ5試合目にして、初の90分間での勝利を手にしている。(Football ZONE web編集部)

【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)