no title


11歳の少年は、海への旅行を喜び、その生活はサッカーボールリオネル・メッシで埋め尽くされていた。

マッケンジー・オニールはアンティグアで家族休暇中、ほとんどの日々をビーチでサッカーをして過ごしていた。

そのビーチに、まるで夢のように、メッシが現れた。

LLUIS GENE/AFP/Getty Images

メッシはまるで輝く太陽と海をバックスローモーションのように、サッカーボールを見せ、ジェスチャーでマッケンジーサッカーをしないかと誘った。サッカー少年としてノーと言うわけがない。

「緊張はしませんでした!」とマッケンジーCNNで語った。「最初はちょっとだけ恥ずかしかったですが、その後は自分ができるプレーをしました。」とマッケンジーは述べた。

2人は、メッシの息子のティアゴも一緒に、40分ほどサッカーを楽しんだ。正々堂々と戦い、F.C.バルセロナ選手であるメッシが勝利したが、マッケンジーも2ゴール決めた。

メッシの動きは素晴らしかったです。」とマッケンジーは述べた、「メッシ自身は余裕をもってプレーしていました。けれど自分のプレーメッシを奮い立たせることができ、興奮しました!」

今回の休暇は、今までで最高の休暇となった。

Michael Steele/Getty Images

メッシはあまり英語を話せなかったが、メッシの妻が通訳してくれたとマッケンジーは語った。さらに、メッシアンディグアでの滞在がかぶる数日間は、マッケンジー家族と過ごした。

他の子供もメッシプレーしようとしたが、できなかった。誰もがマッケンジーほど幸運ではない。

メッシアンディグアに滞在する最後の日、マッケンジーメッシの息子であるティアゴと最後のプレーをした。メッシサイドに立ち、2人がプレーするのを見ていた。

メッシは、息子が他の子供である僕と普通に遊ぶ姿を見て喜んでいるようでした。」とマッケンジーは述べた。

(日本大紀元ウェブ編集部)

Courtesy Anna O'Neill via CNN


(出典 news.nicovideo.jp)