(出典 football-tribe.com)



ハットトリック達成のダービーでのワンシーン 競り合いで左肘が相手の顔面を直撃

 MLSメジャーリーグサッカー)のロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、現地時間19日に行われたロサンゼルスFCとのダービーマッチハットトリックを達成し、チームを3-2の勝利に導く立役者となった。その一方で、同選手は試合中の競り合いのなかで相手DFに肘打ちを見舞い、頬骨弓骨折という重傷を負わせてしまった。イブラヒモビッチはこれ以降、「追われている」と感じており、今回の自身の注目のされ方は“異常”だと語っている。スペイン紙「AS」が報じた。

 LAギャラクシーは試合前の段階で、西カンファレンスで勝ち点34の3位。一方のロサンゼルスFCは勝ち点46を積み上げて首位を独走していた。ロサンゼルスホームを置く両チームの対戦は“エル・トラフィコ”と呼ばれる白熱のダービーマッチだが、この試合でイブラヒモビッチは右足、頭、左足でハットトリックを達成し、見事なパフォーマンスチームに勝利をもたらしている。

 問題のシーンは、後半アディショナルタイムのこと。ロサンゼルスFCのリビア代表DFモハメド・エル・モニルとの競り合いで、飛び上がったイブラヒモビッチの左肘がエル・モニルの右頬を直撃。エル・モニルはそのまま交代となった。

 この“肘打ち”により、エル・モニルは頬骨弓を骨折し手術。MLSニューヨークレッドブルズでプレーするDFアムロ・タレクは、22日に自身の公式ツイッターでエル・モニルの写真をレントゲン写真とともに掲載。右こめかみ付近が明らかに陥没していた。賛否の声が上がるなか、MLS懲戒委員会が調査し、イブラヒモビッチに処分を科さないという結論を出している。

高まる批判に対し「最高の選手だと追われるものさ」

 25日の練習後に取材に応じたイブラヒモビッチは、当時の状況について「普段のデュエルと同じようにジャンプをした。彼を痛めつけようと思って意図的にやったわけじゃない。唯一の違いは、私は誰よりも背が高かったこと。私はいつもと同じようにジャンプをしたし、それが私のプレースタイルで、怪我をさせようとかそんなんじゃない」と説明した。

 しかし「追われているように感じる。最高の選手だと追われるものさ」としたうえで、毎試合が過度に分析されているような気がすると心境を吐露。そして、「ほかのみんなと同じように、私もプロフェッショナルだ。同じように扱われるべき。もしピッチで止められなかったならばそれで終わり。ピッチの外で何かしようとするのであれば、私にとってそれはゲームの一部ではない。プロフェッショナルじゃない」と締めくくり、エル・モニルの負傷以降の注目のされ方は異常だと、自身への批判に対し反論していた。(Football ZONE web編集部)

LAギャラクシーFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)