no title


豪華絢爛な攻撃陣に逆風… 主力2人を欠く可能性が浮上

 レアル・マドリードは現地時間23日にインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)アーセナル戦に臨み、90分間を2-2で終えると、PK戦を3-2で制した。

 この試合ではウェールズ代表FWギャレス・ベイルスペイン代表MFマルコ・アセンシオがゴールを決めたものの、ベイルは退団濃厚、アセンシオは負傷退場した。元フランス代表FWカリム・ベンゼマや新加入のベルギー代表MFエデン・アザールセルビア代表FWルカ・ヨビッチ、そしてブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールらが控える前線だが、この状況を受けて日本代表MF久保建英ら若手メンバーの序列や起用法に、変化が起こり得るかもしれない。

 レアルが2点をリードされて迎えた後半開始から、ベイルとアセンシオはピッチに送り出された。それぞれ3トップの両翼に入ったなかで、後半11分にはアセンシオのシュートのこぼれ球を詰めたベイルが、同14分にはブラジル代表DFマルセロのラストパスを受けたアセンシオがゴールを決めた。

 しかしベイルは、20日のバイエルン戦(1-3)後にジネディーヌ・ジダン監督が「24~48時間の退団」を明言するなど、指揮官との関係が冷え切っていると報じられている。またキレのある動きを見せていたアセンシオは、後半17分に膝を痛めてピッチに倒れ込み、担架に乗せられて退場。救急車で搬送され、スペイン紙「AS」などの報道によると左膝の前十字靭帯断裂の重傷を負った模様だ。

 レアルを長年支えた2人のアタッカーが一気に不在となった場合、豪華絢爛だったはずの前線の序列に変化が起こりえる。

 まずはICCのバイエルン戦とアーセナル戦で起用された、前線の選手を整理したい。

バイエルン戦/4-3-3システム
前半:左アザール、中央ベンゼマ、右アセンシオ
後半:左ヴィニシウス、中央ヨビッチ、右ルーカスバスケ

アーセナル戦/4-4-2システム→前半途中から10人となり4-4-1に変更】
前半:ベンゼマとヨビッチの2トップ、2列目左アザール、2列目右L・バスケ
後半:ベイルの1トップ、左イスコ、右アセンシオ→ヴィニシウス

2列目サイドでもプレー可能な久保、ロドリゴらとウイングの“5番手”を争う?

 バイエルン戦の後半、久保は左インサイドハーフで起用された。一方でウイングサイドハーフ)はアザール、アセンシオ、イスコルーカスバスケス、ヴィニシウスの5人が起用され、ベイルウイングとしてプレー可能だ。

 つまり実績のある主力クラスが6選手いる状況だったが、そのうち2人がいなくなると、補強しない限り4人で回す状況となる。外国人枠の関係もあるが、インサイドハーフだけでなくサイドでも十分にプレーできる久保が、ブラジル人FWロドリゴやスペイン人MFブラヒム・ディアスらとウイングの“5番手”を争う形か。今後のプレー次第ではさらに序列を上げて、主戦場とされるカスティージャ(レアルB)ではなくトップチームに必要な戦力になる可能性は、なきにしもあらずだろう。

 逆風のなかで、ジダン監督とクラブはどのような方針を取るのか。26日に行われるICC第3戦、アトレチコ・マドリード戦での采配にも注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

新生レアルの序列を整理 (左から) イスコ、アザール、久保、ベイル、ヴィニシウス【写真:Getty Images Yukihito Taguchi】


(出典 news.nicovideo.jp)