(出典 www.soccer-king.jp)



サッリ監督の目指すプレースタイルにも合わないと指摘

 1980年代後半から“ゾーンプレス”でACミラン黄金期を形成して世界に名を馳せた名将アリゴ・サッキ氏が、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに応じ、ユベントスについてコメントしている。そこでは、獲得候補に挙がっているアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを「獲得する選手にはモラルや性格の部分を重視する必要がある」と一刀両断した。

 サッキ氏はACミランの監督時代、4-4-2のプレッシング戦術で一世を風靡した。94年にはイタリア代表を率いてアメリカワールドカップ準優勝も果たしている。今でも“近代サッカーの父”と呼ばれるほどの影響を与えた存在だと認識されている。

 そのサッキ氏は、新シーズンからマウリツィオ・サッリ監督が指揮を執るユベントスについて言及。サッリ監督のサッカーに“天敵”となるのは、自己中心的な選手だと話している。

「サッリがユベントスで苦戦する唯一のパターンは、仕事意識のない選手、自己中心的であったり、主人公体質の選手と対峙することになった時だ。サッリの支配的なサッカーを展開する哲学では、獲得する選手にはモラルや性格の部分を重視する必要がある。そして、選手の特性もまた、そのサッカーに適応するものでなければならない」

 サッキ氏はこう語った。実際に94年のアメリカワールドカップでは、グループリーグノルウェー戦(1-0)でGKジャンルカ・パリュウカが退場処分となった時、控えGKを投入するための交代選手に絶対的エースのFWロベルト・バッジョを指名したことがある。世界的にも大きな波紋を呼んだ采配だが、そうしたサッキ氏の哲学もにじみ出るようなコメントになった。

 そのなかで、ユベントスが獲得に乗り出しているというインテルイカルディについては、懐疑的な言葉を残した。

イカルディは「スペシャリストだが、トータル的なサッカーには向いていない」

「これらの点から、イカルディの獲得には大きな疑いを持っている。彼はスペシャリストだが、トータル的なサッカーには向いていない。さらに言えば、チームにとって偉大な存在になっているクリスティアーノ・ロナウドプレーエリアを阻害することになるだろう」

 サッキ氏はイカルディの持つ特性とロナウドとの関係性という観点で、ユベントスの獲得には否定的な言葉を残した。すでにインテルのアントニオ・コンテ監督が「イカルディが再びインテルプロジェクトに入ることはない」と明言しているだけに、移籍先を見つける必要のあるイカルディだが、ユベントスはこうした懸念材料を乗り越えてチームに迎え入れることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

インテルFWイカルディ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)