(出典 amd.c.yimg.jp)



背番号26の久保が後半出場、バイエルン戦で堂々のレアルデビュー

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間20日(日本時間21日)のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半から出場し、レアルデビューを飾った。随所に光るプレーを見せた久保について、スペインメディア「El Espanol」は「アザール、久保、ロドリゴに期待」と高い評価を与えている。

 久保はバイエルン戦でベンチスタートとなった一方、クロアチア代表MFルカ・モドリッチや元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、新戦力のベルギー代表MFエデン・アザールら主力組が先発。しかし前半15分、バイエルンフランス代表MFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったフランス代表MFコランタン・トリッソのシュートベルギー代表GKティボー・クルトワが止めたものの、こぼれ球を再びトリッソに押し込まれ、バイエルンに先制点を献上した。

 劣勢のレアルは後半から11人を総入れ替えし、新戦力のMFロドリゴやフランス代表DFフェルランド・メンディらを投入。「背番号26」を背負った久保もその1人としてピッチに立ち、“白い巨人”でのデビューを飾った。

 久保は後半のキックオフ早々に会場を沸かせる。ハーフウェーライン付近からの縦パスを受けた久保は、相手2人に囲まれるも巧みなタッチで局面を打開し、すぐさま観客の目を引き付けた。さらに後半17分には、敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールチャンスを演出。何度もボールに触るなど上々のデビューを飾った。

後半2失点も…「久保ら若手がチームをけん引した」とスペインメディアも評価

 スペインメディア「El Espanol」は「前半、アザールが目立った」と言及した一方、後半のメンバー変更に関して「ハーフタイムを経て勢力が一変した」と指摘。後半、バイエルンポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに追加点を献上したなか、後半39分にロドリゴが強烈なFKで一矢報いるも1-3で敗れた。

 記事では「それでも、ヴィニシウス、久保、ロドリゴら若手がチームをけん引した」と後半の内容を戦評。また前後半を通じて「この試合の収穫はアザール、久保、ロドリゴだった。最初のふるいにかける作業で、この2人(久保とロドリゴ)は存在感を示した」と評している。
 
 3人の新戦力が上々のパフォーマンスを披露し、同メディアは「アザール、久保、ロドリドに期待」と名指し。アーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とプレシーズンマッチが続くなか、18歳日本人アタッカーは評価をさらに高めることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

実戦デビューを飾ったレアルMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


(出典 news.nicovideo.jp)