(出典 image.news.livedoor.com)



ついにユヴェントスへの移籍が決まったオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。

ディフェンダーとして全てを兼ね備える19歳の彼には多くのメガクラブが関心を寄せていた。クリスティアーノ・ロナウドからは代表戦後に直接ユーヴェに来い!と勧誘されている。

『voetbalzone』によれば、デ・リフトは移籍決定後のロナウドとの会話を明かしたという。

マタイス・デ・リフト

「(ユーヴェの)皆は心から歓迎してくれた。

ロナウドは6月のUEFAネーションズリーグ決勝後のやりとりを思い出して、『代理人ロナウド』と自分についてのジョークを言っていたよ」

「(ロナウドからの勧誘は移籍に影響)しなかった、すでに自分のなかで決めていたからね。

でも、ロナウドが言ってくれたことはいいことだったし、彼と一緒に練習してプレーできるのは素晴らしいことだよ」

ロナウドは自分がエージェントとしての移籍に貢献したと冗談を飛ばしていたという。デ・リフトは勧誘の効果はなかったとしているが…。

デ・リフト、ユーヴェ移籍直後にロナウドから言われた「言葉」が面白い


(出典 news.nicovideo.jp)