(出典 img.footballchannel.jp)



技巧派MFはゴールを祝う時の悩みも告白「疑念を抱えていなければいけない」

 ドイツ王者バイエルンスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、サッカーから感情を奪うとして、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)に反対する自身の見解を語った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 テクノロジーの発展は、人類に多くの影響を与えている。現在、サッカーピッチにもテクノロジーが用いられることが増え、VARは世界中に広まっていった。そうした動きを歓迎する向きがある一方、元バルセロナの技巧派MFは、これを歓迎していない。

 現地時間17日に行われたアーセナルとのプレシーズンマッチに1-2で敗れたバイエルンだが、チアゴは自身の思いを明かしている。

「僕はVARには完全に反対だ。僕はサッカーロマンチストであり、試合内に“いたずら”が入ることは好きなんだ。それがなければサッカーは、いくつかの歴史的な瞬間が訪れなかっただろう」

 そして、「テクノロジーは、いくつかの正義をもたらしている。でも、ゲームの本質を損なっている」と続けたチアゴ。VARが導入されて以降のゴールセレブレーションについても言及している。

ゴールを祝いに行く時も、疑念を抱えていなければいけない。審判を見て、本当にゴールを認めているか、それとも耳に手を当ててゴールを確認したかを気にするんだ。僕はこれによってサッカーはいくつかの感情が失われていると感じるよ」

 導入後、様々な議論を呼んでいるテクノロジー。VARも含めて、今後もどのように利用していくか、最適解を探していくことになるだろう。(Football ZONE web編集部)

バイエルン・ミュンヘンMFチアゴ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)