(出典 the-ans.jp)



ロサンゼルスFCとのダービーマッチで3得点と爆発

 MLSメジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、現地時間19日に行われたロサンゼルスFCとのダービーマッチで右足、左足、頭で得点する“パーフェクトハットトリック”を達成し、チームを3-2の勝利に導いた。試合後には「俺がLAだ」と、再びの“イブラ節”を披露した。

 試合はロサンゼルスFCがメキシコ代表FWカルロス・ベラのゴールで先行する展開となったが、LAギャラクシーイブラのゴラッソで応戦する。

 前半8分、右サイドで背後からの浮き球パスを受けたイブラヒモビッチは胸トラップから、そのままリフティングしてボールを前方に運び、2人のマーカーをすり抜けた。そしてペナルティーエリアの端から、右足アウトサイドにかけた鋭いシュートゴール右隅へ蹴り込んだ。スポーツ放送局「ESPN」の実況も「ファンタスティック!」と叫んだ。

 1-1で迎えた後半11分に左サイドからのクロスボールを、高い打点のヘディングで合わせ、2点目を決めたイブラヒモビッチ。そして、同25分にはペナルティーエリアの外から左足で強烈なグラウンダーのシュートゴールネットに突き刺してハットトリックを達成。左右両足と頭、あらゆる得点パターンを持っていることをこの大一番で示した。

ズラタン・イブラヒモビッチがパーフェクトハットトリックを決めた」と報じた英公共放送BBC」は、37歳になったカリスマFWのコメントも伝えている。今季17試合で16得点をマークしているイブラヒモビッチは、リポーターから「今でもあなたがMLS最高のプレーヤーか?」と問われた。21得点で得点ランキングトップを走るベラが比較対象となっているが、イブラは自信たっぷりでこう語っている。

「間違いないだろう。なぜなら彼は今が全盛期だ。彼は何歳だ? 29歳? 彼は全盛期MLSプレーしている。俺が29歳の頃とは大きな違いだ」

試合前の「俺はフィアットに囲まれたフェラーリ」発言を体現

 この試合の前にはMLSレベルについて「欧州には達していない」と正直に語っていたイブラヒモビッチは、「俺はフィアットに囲まれたフェラーリ」と言い放った。イタリアの最大手の大衆車と言えるFIAT社製の車の中で、自身は同じイタリアでも世界に冠たる高級車であるとしていたが、ダービーでの活躍はまさにその言葉を体現するような機会となった。

 イブラヒモビッチはさらに自身のツイッターで「俺がLAだ!!!(I AM LA!!!)」と投稿。ロサンゼルスの象徴かのように両手を広げて堂々と立つ写真も併せて世界に発信した。37歳となった男は今なお、トップ選手としての実力を披露し続けている。(Football ZONE web編集部)

ロサンゼルス・ギャラクシーFWイブラヒモビッチ【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)