(出典 f.image.geki.jp)



北米遠征に帯同中の久保がトレーニング存在感、名GKナバスを翻弄してゴール

 今夏JリーグFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ加入した日本代表MF久保建英が、北米ツアートレーニングで強烈な存在感を放っている。久保がコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを足裏フェイントや左足アウトサイドで翻弄して2ゴールを奪い、レアル公式が映像を公開。海外メディアは「一流のスキルを発揮」と絶賛している。

 久保はレアルB(カスティージャ)の所属ながら、トップチームの北米遠征に帯同。バイエルン(20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とプレシーズンマッチを行うなか、久保の出場も予想されている。

 カナダ・モントリオールでトレーニングに励んでおり、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらも調整を進めるなか、14日にミニゲーム18歳日本人アタッカーが魅せた。

 左サイドから中央にパスが入った瞬間、久保は3人目の動きで縦へ抜け出してパスを受けると、守護神のナバスと1対1の場面を迎えた。久保は左足でシュートを放つと見せかけ、足裏でボールを転がして名手を翻弄。軽やかにタイミングずらして右足でゴールを陥れた。

華麗なまたぎフェイントで対峙した相手を抜き去り、GKの動きを見極めたアウトサイド

 また2点目のシーンでは、鋭いドリブルでゴール前に侵入した久保が、華麗なまたぎフェイントで対峙した相手を抜き去る。シュートコースを消しにかかるGKナバスの動きを見極め、久保は左足アウトサイドの絶妙なキックネットを揺らした。

 トルコ紙「Haberler」は、「レアルはモントリオールのトレーニングセンターで準備をしている。合宿4日目には、フィジカル強化とボールを使ったメニューを組み合わせて行った」と言及。なかでもインパクトを放っている3人として、チェルシーから新加入のベルギー代表MFエデン・アザールブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール、そして久保の名前を挙げ、「エデン・アザール、クボ、ヴィニシウスが一流のスキルを発揮」と称えた。

 レアル公式ツイッター日本語版が15日に久保の2ゴール映像を投稿したなか、日本人アタッカーの圧巻スキルが話題となっている。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)