(出典 amd.c.yimg.jp)



近いうちにトップチーム登録へ 「昨季のヴィニシウスのようになる」と贔屓紙が太鼓判

 レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、現在トップチームキャンプに帯同し、カナダのモントリオールでプレシーズンキャンプに参加している。そのなかでも久保の注目度は、並み居るスターに引けを取らず上昇している。スペイン紙「AS」は、レアル・マドリードロッカールームで久保は、“場違いではない”と評価されていることを伝えている。

 同紙の記者はレアル・マドリードキャンプに密着し、地元紙らしくチームの逐一を報じている。トレーニング中の動画なども公開しているが、そのなかでも久保の登場回数は増えており、紙面の一面にも掲載されるほどスペイン国内でも日に日に注目を集めている。

 トレーニングで力を発揮している久保の評価は高まるなか、同紙は銀河系軍団の中にいても遜色がないことを伝えた。そして、近いうちにトップチーム登録されることになるだろうと主張している。

「新しいチームメートとの初めて練習後に、レアル・マドリードロッカールーム内で彼は、 “場違いではない”と言われた。久保は昨季のヴィニシウスのようになるだろう」

 同紙は久保のことを、昨季のブラジル代表FWヴィニシウスのようにシーズン中にトップチームでのデビューを果たすと評価している。

 そして同記事では「レアル・マドリードは新しいアジアの真珠と恋に落ち始めた……」と締めくくり、早くもトップチームで欲される選手になりつつあることを伝えている。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)