(出典 www.soccer-king.jp)



アディダスと契約中のバイエルンの補強戦略にも影響か

 世界に名を轟かすトッププレーヤーたちは、多くのクラブから獲得オファーを受ける。だが今回、ドイツ代表MFレロイ・サネ(マンチェスター・シティ)のサインを巡って、スポーツメーカーが争いを繰り広げているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 現在、サネはナイキ社と年間75万ポンド(約1億円)の契約を結んでいる。この契約は2020年までとなっており、次にどのブランドと契約を結ぶかが注目されているのだ。

 ドイツ代表のスポンサーを務めているアディダス社は、代表の顔に据えたい意向があるという。さらに、彼らがスポンサードしているバイエルンも、市場価格8000万ポンド(約108億円)のスタープレーヤーの獲得を目指している。

 一方、新たにマンチェスター・シティのサプライヤーとなったプーマも、サネとの契約を目指し、彼をエティハド・スタジアムに留めたい意向だという。

 バイエルンは、オフが終了次第、サネの獲得を目指した動きを加速させるようだ。サネの獲得が実現すれば、長らく続いてきたチェルシーイングランド代表FWカラムハドソン=オドイの獲得プロジェクトも終わる見込みだという。

 来夏でチェルシーとの契約が満了するオドイの獲得を目指してきたバイエルンだが、オファーはことごとく断られてきた。また、フランク・ランパード新監督は、オドイの残留を希望し、彼をワールドクラスの選手に育てたい意向を語っている。オドイ自身も試合への出場が保証されるのであれば、5年間の契約延長オファーにサインする準備があるようだ。

獲得熱望のバイエルン会長が告白 「休暇中に交渉することを彼は拒んでいた」

 元フランス代表MFフランク・リベリーと元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが同時に抜けたバイエルンは、その穴を埋める存在を探している。カール=ハインツ・ルンメニゲ会長はサネについて次のように語った。

「彼は今週中に休暇を終える。休暇中に交渉することを彼は一切、拒んでいたんだ。もちろん彼は将来について考えたがっていた。私たちにどのような返答があるか待ってみよう。私たちがサイドの選手を探しているのは、秘密ではないからね」

 クラブだけではなく、メーカーの思惑も複雑に絡み合うサネの去就は、どのような決着を見ることになるだろうか。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・シティのドイツ代表MFサネ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)