6月から始まった今夏の移籍市場も折り返しを迎えた。なお、今年の移籍市場はプレミアリーグ8月9日まで、セリエA8月18日までとなっているが、リーガ・エスパニョーラブンデスリーガリーグアンは例年通り8月31日までとなっている。

 そこで今回は7月14日までに選手を獲得するために最もお金を使ったクラブランキング形式で紹介する。


10位 インテル

使用額:8550万ユーロ(約104億円)

獲得選手
ニコロ・バレッラ(カリアリ)
ステーファノ・センシ(サッスオーロ)
バレンティーノ・ラザロ(ヘルタ・ベルリン)など

9位 マンチェスター・シティ

使用額:9000万ユーロ(約1095000万円)

獲得選手
ロドリ(アトレティコ・マドリード
アンヘリーニョ(PSV)など


8位 アストン・ビラ

使用額:9310万ユーロ(約113億円)

獲得選手
マットターゲットサウサンプトン
ウェズレイ(クラブ・ブルッヘ)など

7位 ローマ

使用額:9500万ユーロ(約116億円)

獲得選手
パウ・ロペス(ベティス)
アマドゥ・ディアワラ(ナポリ
レオナルド・スピナッツォーラ(ユベントス)など



6位 セビージャ

使用額:1億1150万ユーロ(約136億円)

獲得選手
ルーカスオカンポス(マルセイユ
ルーク・デ・ヨング(PSV
*セルヒオ・レギロン(レアル・マドリード)など

*レンタル獲得選手

5位 バイエルン・ミュンヘン

使用額:1億1800万ユーロ(約144億円)

獲得選手
ベンジャマン・パバールシュトゥットガルト
リュカエルナンデスアトレティコ・マドリード)など

4位 ボルシア・ドルトムント

使用額:1億2750万ユーロ(約155億円)

獲得選手
トルガン・アザール(ボルシア・メンヒェングラートバッハ
ユリアン・ブラント(レバークーゼン
マッツ・フンメルスバイエルン)など


3位 アトレティコ・マドリード

使用額:2億700万ユーロ(約250億円)

獲得選手
マルコス・ジョレンテ(レアル・マドリード
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ
ヘクトル・エレーラ(ポルト)など


2位 バルセロナ

使用額:2億3500万ユーロ(約286億円)

獲得選手
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード
フレンキー・デ・ヨング(アヤックス
安部裕葵(鹿島アントラーズ)など


1位 レアル・マドリード

使用額:3億300ユーロ(約369億円)

獲得選手
エデン・アザールチェルシー
ルカ・ヨビッチアイントラハト・フランクフルト
フェルランド・メンディ(オリンピック・リヨン
久保建英FC東京)など


 



(出典 news.nicovideo.jp)