(出典 portal.st-img.jp)



(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

女優の真野恵里菜が、夫でサッカー日本代表柴崎岳と挙式したことを7月11日、自身のインスタグラムブログで報告した。海辺での爽やかなツーショットに、お祝いのコメントが殺到し、世間も祝福ムード一色。しかし、柴崎が〝公開してはいけない写真〟を公開しているのではと波紋を呼んでいる。

【関連】柴崎岳と真野恵里菜「1万キロ超長距離恋愛」が実った理由 ほか

昨年7月に入籍を発表した2人が、1年を経て念願の挙式を行った。真野は11日、自身のインスタグラムを更新し、2枚の写真を公開。1枚目は、ウエディングドレス姿で水色を基調とした爽やかなブーケを持つ真野と、白のタキシード姿で腕を組む柴崎が仲むつまじく頬を寄せ合い、幸せそうに笑うツーショット。2枚目は、海を背景に見つめ合う2人の後ろ姿を写したものだ。

真野はコメントで《入籍をしてから1年を迎え先日、挙式を行いましたことを報告させていただきます》《これからもお互い支え合い、1日1日を大切にして心が落ち着ける家庭を築き上げていきたいと思います》とつづっている。

 

柴崎岳が嫁・真野恵里菜の“禁断写真”を投稿…「公開して良いの?」

もうちょっと奥さんに気を遣え

また、柴崎もこれを機にインスタグラムアカウントを開設。《先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました》と、幸せいっぱいのコメントとともに2枚の写真を投稿した。

1枚目は、真野と同じツーショットだが、2枚目は海辺で柴崎が真野の手を引いているもの。実に爽やかショットなのだが、ネット上では、真野のドレスの裾からチラ見えしている〝厚底ヒール〟に注目が集まったようだ。

《厚底履いてるの見えてるよ》
すごい厚底ヒールだね!》
《こんな厚底見えてるの奥さんとしては公開してほしくないだろうな》
《ここまで厚底はめったにいないでしょ》
《真野ちゃんの厚底靴が見えちゃってるのが残念》
《私だったら、この写真をアップした旦那に文句言ってケンカになりそう》

などと、〝本当に掲載してもいい写真なのだろうか〟と心配する声が多く上がった。

「真野さんの身長が159センチに対し、柴崎選手は175センチと2人の身長差は〝16センチ〟ほどです。通常、花嫁のスタイルアップや、写真の見栄えを良くするため、高いヒールを履きますが、16センチほどの差でここまで〝ぶ厚い〟ヒールを履くのは稀だと思います。恐らく、真野さんはモデルとしても活躍されているので、あまりにも〝低身長〟だとイメージが悪くなると考えたのかもしれませんね」(ウエディングサイト運営関係者)

何はともあれ幸せそうな2人。今後も夫婦で〝歩幅〟を合わせていってほしいものだ。

 

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock




(出典 news.nicovideo.jp)