(出典 www.soccer-king.jp)



パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イギリスミラー』が報じた。

2017年夏に歴代最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億6000万円)でネイマールを獲得したPSG。しかし、今夏に退団を希望していることが盛んに報じられるなか、先日の練習を無断欠席したことが明らかになっており、移籍の可能性に拍車がかかっている。

そのため、後釜候補をリストアップしているフランス王者は、3年前にも獲得に動いたザネに注目。シティ3年目となった2018-19シーズンは公式戦47試合で16ゴール18アシストの数字を残したが、起用法に不満を抱いて移籍の可能性が浮上している状況だ。

そのザネに関しては、バイエルンも目を光らせている上、移籍金として9000万ポンド(約1223000万円)以上が必要になる見込み。とはいえ、PSGにとって、同額はネイマールの売却金で工面できる範囲であることから、ドイツ王者との争奪戦に発展した場合、財政面で優位に立てるものとみられる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)