no title


アトレティコ・マドリーからの退団を表明しているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)のバルセロナ移籍は近そうだ。スペインマルカ』が報じた。

バルセロナは本日12日、グリーズマンの移籍金として、アトレティコとの契約に存在する解除条項金1億2000ユーロ(約1464000万円)を支払うという。

アトレティコは先日、バルセロナの不当な接触を指摘する怒りの声明文を掲載。両クラブ間の交渉が混沌と化しており、長期化も予想されている状況だった。

なお、獲得発表時期は契約解除金を管理するスペインプロリーグ機構からの承認が必要なため、現時点で未定だが、バルセロナは13日を期待している模様だ。

長らく続いたグリーズマンのバルセロナ移籍に向けた動きは、もう間もなくエンディングの瞬間を迎えることになりそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)