(出典 www.soccer-king.jp)



今夏にミランを退団した元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)のクレモネーゼ移籍が迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

2012年フィオレンティーナから加入したモントリーボは、一度も出場機会のなかった昨シーズンを最後にミランを退団している。以前に同選手の新天地をユース時代を過ごしたアタランタと予想していた同メディアだったが、最新の情報ではセリエBのクレモネーゼ加入が迫っているようだ。

クレモネーゼは1903年に創設されたクレモナに本拠地を置くクラブで、過去2シーズンはセリエBで戦っている。元イタリア代表指揮官のチェーザレ・プランデッリやインテルミランプレーしたジュゼッペファヴァッリ、イタリア代表でおよそ60キャップを誇るジャンルカ・ヴィアリ氏も在籍した歴史のあるクラブだ。

昨季は9位に終わったクレモネーゼが初のセリエA昇格を目指して、経験豊富なモントリーボの獲得に尽力しているようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)