(出典 img.footballchannel.jp)



日本時間9日にボローニャが日本代表DF冨安健洋の獲得を発表した。女子選手を含めると、15人目のセリエAプレーする選手となる。そこで今回は、これまでにセリエAプレーした日本人選手をご紹介する。


 
小笠原満男
 
2006年ワールドカップ後、メッシーナに移籍した。チームは中盤のクオリティーを上げるために小笠原を獲得したという。しかし、メッシーナでの生活はとても難しく、小笠原イタリア語を話さなかったことは1番の課題だった。
 
デビュー戦はそれなりのパフォーマンスを披露(ガゼッタの採点で6.5)したものの、その数試合してから出場の機会が一気に減少。最終的に、イタリアでの出場回数は8回にとどまった。

 
大黒将志
 
大黒は小笠原と同時に2006年ワールドカップ後にセリエAに昇格したトリノに加入。移籍する前にフランスの2部のグルノーブルでプレーしていた大黒は20試合出場して6点を獲得。
 
そんな大黒もイタリアで2シーズン戦ったものの、いい結果は残せなかった。しかし、大黒の誕生日5月4日が、スペルガの悲劇と同じ日付だったことから、トリノファンから愛された。
 
スペルガの悲劇とは1949年5月4日、トリノ郊外のスペルガの丘で起きた航空機墜落事故のこと。乗員・乗客31名全員が亡くなり、その乗客の中にトリノの選手18名と監督やスタッフの5名が含まれていた。



 
 
 
 
20歳で東京ヴェルディからカターニアに移籍した森本。アタランタ戦で途中出場し、同点ゴールを決めるなど素晴らしいスタート切った。
 
森本のベストシーズン2008-2009シーズン。ワルテル・ゼンガ監督の下、森本は25試合に出場し9ゴール3アシストを記録。ローマ戦やナポリ戦、パレルモ戦などで勝利貢献した。
 
そんな活躍もあり、海外クラブからたくさんのオファーがあったが、森本は残留を決断。ファンは彼のこと「マレモート」、イタリア語で「津波」と呼んでいた。その後、パフォーマンスが少しずつ落ちていくも、大事な場面で点を決めるのが森本の強みだった。
 
2012年にはセリエAに昇格したノバーラ・カルチョに移籍。これがイタリアでの最後のシーズンになった。

 
 
2011年FC東京にからチェゼーナに移籍した長友。リーグレベルが変わっても、攻撃と守備両方でいいプレーを見せつけた。そのパーフォーマンスから、冬の移籍市場ではインテルに移籍し、インテルプレーした初めての日本人になった。
 
2013-2014年シーズンでは5得点を獲得し、最も得点を入れたディフェンダーにもなった。しかし、シーズンスタメンで出場機会は減少。しかし、長友は自分の真面目さでチームを支え、数試合でキャプテンマークを巻く場面もあった。
 
2017年トルコガラタサライ移籍したが、インテル210試合に出場した。

 
 
2014年CSKAモスクワからミランに移籍した本田。ヨーロッパトップクラブで10番を背負うという夢が叶えた。
 
少しずつ自分のポテンシャルを見せた本田は2014年ワールドカップ後、好パフォーマンスを披露。シーズン開幕から10試合で6ゴールを記録し話題になった。しかし、2015年アジアカップ終了後、本田圭佑には辛い時期が待っていた。
 
本来のポジションプレーさせてもらえず、ウィングとして起用されるようになった。それでもアシストチームに貢献し続けた。
 
しかし、その翌シーズンから出場機会が激減。それでも契約の終わりまでミランに残ることを決めた。そしてクラブ退団前にはFKを直接決め、UEFAヨーロッパリーグの出場を決めた。
 


長峯かおり
 
1991年ワールドカップの後にレッジアーナに移籍した長峰。レッジアーナはコッパ・イタリアを2回優勝するなど強豪のチームとして知られていたが、1992-93シーズン終了後、クラブの経済的な問題で長峯は日本に帰国。鈴与清水FCに移籍することになった。
 

森本鶴
 
森本は1996年アトランタオリンピック予選で魅せたプレーイタリアクラブからの興味を引きラツィオに移籍した。
 
しかし、ラツィオでいいパーフォマンスを残すことはできず、数ヶ月でイタリアを後にした。
 

山本絵美
 
2004年アテネオリンピックに出場した山本は2013年ナポリに移籍。ナポリへ移籍する前にはアメリカシカゴレッドイレブンとLAパーリ・ブルースプレーした経歴を持っていた。
 
ナポリでは18試合で9得点を決め、チームに貢献。しかし、シーズンが終わると日本に戻り横浜FCシーガルズに加入した。
 

松林美久
 
日本人GKとして初めてイタリアに渡った松林。フィオレンティーナのスカウトがわざわざ日本まで足を運び、松林の獲得に動いたという。
 
松林がフィオレンティーナに加入してからは安定したシーズンを過ごし、個人賞も獲得している。




(出典 news.nicovideo.jp)