(出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



 ウェストハムがユヴェントスに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得を狙っているようだ。11日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 ウェストハムは今夏、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチが上海上港に、スペイン人FWルーカスペレスがアラベスに移籍した他、イングランド人FWアンディキャロルも退団しており、新しいFWの獲得が急務となっている。そこで、イグアインターゲットとした模様だ。

 イグアインは今年1月にユヴェントスからチェルシーレンタル移籍で加入。1年のレンタル延長オプションや、完全移籍となるオプションも付随した契約で加入したが、リーグ戦14試合の出場で5ゴールを挙げるにとどまり、チェルシー退団が決定している。

 ユヴェントスは今夏、昨季チェルシーを率いていたマウリツィオ・サッリ新監督が就任した。これにより、イグアインユヴェントス残留を望んでいるとみられているが、同クラブは今夏に3600万ポンド(約49億円)で完全移籍での放出を考えているという。

 ウェストハムは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での獲得を画策しているようだが、果たしてイグアインは再びプレミアリーグプレーすることになるのだろうか。

昨季途中からチェルシーでプレーしていたイグアイン [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)