(出典 img.footballchannel.jp)



当初は91億円超が必要と報じられるも、本人が移籍の意志を固めており水面下で駆け引き

 イタリア王者ユベントスアヤックスから若きオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得間近とされながら、正式発表の一報は届いていない。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」は、ユベントスがしたたかな駆け引きを繰り広げている結果が現状だと報じている。

 デ・リフトは19歳の若さにして名門アヤックスの主将を務め、2018-19シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では移籍先として濃厚とされるユベントスを破ってのベスト4入りにも大きく貢献した。今夏の移籍市場では最大級の注目銘柄とされるなか、当初はスペインの強豪バルセロナ行きが濃厚だった。それでも、ユベントスが代理人のミノ・ライオラ氏との太いパイプも生かして本人との合意を取り付けているという。

 当初は7500ユーロ(約91億5000万円)級の移籍金が必要とされていたデ・リフトだが、ライオラ氏は先日オランダ紙「テレグラフ」に、昨夏の時点でデ・リフトが1年後、つまり今夏にアヤックスを離れる場合は、移籍金5000万ユーロ(約61億円)を支払うクラブが現われた時に認める、という合意を取り付けていると暴露した。

 もっとも、テレグラフ紙の報道では「口頭合意」とされており、いわゆる契約解除条項(バイアウト)として明文化されてはいないようだ。しかしながらユベントスとしてはデ・リフト本人がユベントス行きの意志を固めていることから、なるべく安い移籍金で獲得するべく、したたかな交渉を繰り広げている。

すでにユベントスのサッリ新監督に新プロジェクト参加を電話で伝達か

 すでにデ・リフトは19-20シーズンからユベントスの監督に就任するマウリツィオ・サッリ氏に、新プロジェクトへの参加を電話で伝えているともレポートされている。

 デ・リフトの獲得に際しては、バルセロナ行きの再燃や、デ・リフトの獲得を熱望していた元ブラジル代表レオナルド氏がACミランからパリ・サンジェルマンPSG)のスポーツディレクターへと“移籍”した動きもあり、ユベントスサポーターをやきもきさせていると、記事でも現状を記している。

 しかしながらユベントスの強化責任者ファビオ・パラティチ氏は破談になることがないという絶対の自信のもとで、急がない交渉を進めているという。CLに続き、アヤックスユベントスによるデ・リフトを巡る金銭的な“リターンマッチ”の行方は、どのようなところに着地点が見つかるのか。(Football ZONE web編集部)

19歳の若さにして名門アヤックスの主将を務めるDFデ・リフト【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)