(出典 pbs.twimg.com)



 バルセロナマンチェスター・Uに所属するスウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフの獲得に関心を示している。10日にスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 同クラブは今夏の移籍市場でアヤックスオランダ代表DFマタイス・デ・リフトと移籍を巡り交渉を行っていた。同クラブに所属する同胞のMFフレンキー・デ・ヨングは1月の段階でバルセロナ入りが決定しており、デ・リフトも同選手の後を追うようにスペインへの移籍が濃厚とされていた。

 しかし、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、同選手のユヴェントス移籍が決定的であると発表。これを受けたバルセロナは即座に獲得競争から退き、リンデロフの移籍に目を向けたようだ。

 だが、マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は同選手の残留を希望しているという。リンデロフ自身も同クラブ残留を望んでいるが、チャンピオンズリーグ出場も同時に願っているとのこと。果たしてマンチェスター・Uは有望株の売却を阻止できるのであろうか。

バルセロナはリンデロフの獲得を希望している [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)