no title


18年のロシアW杯、日本戦で生まれた「最も美しく、最も重要なゴールの一つ」

 ワールドカップ史に残る一撃が日本戦で生まれた。1年前の2018年7月2日(現地時間)、ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で日本とベルギーが対戦。2-2で迎えた後半アディショナルタイムベルギーが見せた“高速カウンター”をベルギーメディアが回想。「ベルギーサッカー史において、最も美しく、最も重要なゴールの一つ」と絶賛し、選手らも劇的な一撃を振り返っている。

 試合は後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士ゴールを奪い、日本が2点のリード。しかし、ベルギーも反撃に打って出ると後半24分、29分と立て続けにネットを揺らして同点に追いつく。そして迎えた後半アディショナルタイム4分、衝撃のゴールに会場が騒然となった。

 日本のMF本田圭佑が蹴ったCKを相手GKティボー・クルトワがキャッチすると、自陣に構えていたMFケビン・デ・ブライネにボールを渡す。デ・ブライネは一気にギアを上げてドリブルを開始し、右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエへ展開。最後は中央へラストパスを送り、途中出場のMFナセル・シャドリが劇的な決勝ゴールを決めた。

 自陣ゴール前から日本のゴール前まで、9.94秒のカウンターアタック弾は当時称賛の的となったが、ベルギーサッカー協会の公式ツイッターは「1年前、9.94秒」と記してゴール映像を公開した。

 ベルギーメディア「7sur7」は「ベルギーサッカー史において、最も美しく、最も重要なゴールの一つ」と言及。また、ゴールアシストしたムニエも公式ツイッターで「1年前、1000年に一度のゴール」と自賛している。

 GKクルトワもツイッターで振り返っており、当事者たちにとっても日本戦の一撃は記憶に残るゴールだったようだ。(Football ZONE web編集部)

ベルギーが見せた“高速カウンター”をベルギーメディアが回想している【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)