no title


10代の選手としてはムバッペに次ぐ歴代2位の高額移籍金でアトレチコに加入

 ポルトガル1部ベンフィカブレークした19歳のポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、スペイン1部アトレチコ・マドリードへ移籍することが決まった。契約は7年間。英公共放送BBC」によれば、移籍金は歴代5位の1億2600万ユーロ(約153億円)となる。

 19歳のフェリックスは2018年8月にトップチームデビューを飾ったばかりだが、2018-19シーズンリーグ戦26試合で15得点を挙げる活躍で瞬く間にビッグクラブ注目の的となった。“クリスティアーノ・ロナウドの後継者”と目されるタレントは、アトレチコへの移籍を決断した。

 アトレチコが支払う移籍金1億2600万ユーロ(約153億円)は、昨夏に獲得したフランス代表MFトマ・レマルの7000万ユーロ(約85億円)を大きく超えてクラブレコードを更新する。

 そして、10代の選手としてはモナコからパリ・サンジェルマンPSG)へ移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペに次ぐ歴代2位。サッカー界全体で見ても、ブラジル代表FWネイマールバルセロナPSG)、ムバッペ、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョリバプールバルセロナ)、フランス代表FWウスマン・デンベレドルトムントバルセロナ)に次ぐ、歴代5位の高額移籍となったようだ。

 英衛星放送「スカイスポーツ」は、退団するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが付けていた背番号7をフェリックスがつけると報じており、エースに代わる中心選手として大きな期待を背負うことになった。(Football ZONE web編集部)

ベンフィカFWジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)