no title


 マンチェスター・C7月1日ウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコが新シーズンより背番号「11」を着用することを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 ジンチェンコは1996年まれの22歳。U-16からウクライナ代表に名を連ね、2015年には18歳でフル代表デビュー。母国では「至宝」と呼ばれ、エリート街道を歩んできた。2016年マンチェスター・Cへ加入し、PSVへのレンタル移籍を経験した。

 2018-19シーズンフランス代表バンジャマン・メンディが2シーズン連続での大ケガを負ったことで、ジンチェンコは左サイドバックを主戦場としてプレーした。公式戦29試合に出場し、1ゴールを記録。イングランド史上初の国内3冠達成に貢献した。背番号は「35」を着用していた。

 着実に成長を続けるジンチェンコ。2019-20シーズンクラブともにさらなる活躍が期待されている。

新シーズンから背番号「11」を着用することになったジンチェンコ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)