no title


南米最強国を決めるコパ・アメリカベスト4の顔触れが出揃った。

優勝候補だったウルグアイ代表はペルーとの準々決勝にPK戦の末に敗退。ゴールネットを何度も揺らしたが、VARによるオフサイド判定によってことごとく取り消された。

また、PK戦では1人目だったルイス・スアレスが無念の失敗。ペルー側が5人全員成功させ、敗退が決まった直後、スアレスピッチ上で号泣していた…。

顔を上げることができず…。

涙に暮れるスアレスエディンソン・カバーニチームメイトたちが慰めていた。

今年で32歳になったスアレス。今大会こそは優勝をと相当な意気込みで臨んでいたはず。それだけにここでの敗退はショックだったのだろう。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカに選ばれなかったことが「不可解」な3選手

ただ、コパ・アメリカは来年も開催される

日本とも戦ったスアレス、PK失敗で号泣…「泣き崩れる」 シーンがこれ


(出典 news.nicovideo.jp)