(出典 f.image.geki.jp)



ドリアン・ラビオ 写真提供:GettyImages

 パリ・サンジェルマンフランス代表MFアドリアン・ラビオは、ユベントスへの移籍が確実となっているようだ。25日、イタリアメディアジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

 PSGと契約延長を行わず、7月1日からフリーとなるラビオ。同選手の移籍先にはバルセロナが有力な候補に挙げられていたが、破談になったとされている。その中で新たなに移籍先の候補に挙がっていたのがマンチェスター・ユナイテッドユベントスだ。

 ラビオはユナイテッドユベントスで悩んでいるという胸中をインタビューで明かしていたが、『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によればユベントス移籍が決定的なようだ。

 ユベントスはラビオとPSGの契約が切れる7月1日に獲得を発表するとみられている。これまでにも多くの優秀な選手をフリーで獲得し、主力として活躍させてきたユベントス。ラビオにもこれまでの選手同様の活躍が期待される。



(出典 news.nicovideo.jp)