no title


三好に代わって途中出場も、カウンターで持ち込んだ場面でパスを選択してチャンス

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日にコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ第3戦でFIFAランキング60位のエクアドルに1-1で引き分け、得失点差でブラジルが待つ準々決勝への切符を逃した。流れを変える“切り札”の一枚として投入されたMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)は、「あの判断は難しかった」とあるワンシーンを悔やんだ

 森保一監督は、前日会見で「ウルグアイ戦の時がベースになる」と宣言したとおり、ウルグアイ戦のメンバーからトップ下をMF久保建英FC東京レアル・マドリード)に変更してスタート。前半15分、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)がFW岡崎慎司レスター)に出したスルーパスは一度相手GKにクリアされたが、こぼれ球を拾った中島がクロスバーをかすめるミドルシュートネットに突き刺し、日本がリードを奪った。

 しかし、前半35分にペナルティーエリア内でGK川島永嗣(ストラスブール)が弾いたボールを、エクアドルFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。後半は決定打に欠ける時間が続くなか、FW上田綺世(法政大)に次ぐカードとして、MF三好康児(横浜F・マリノス)に代わって投入されたのが安部だった。

「縦に速かったので、幅を取っていたらゴール前に置いていかれてしまうと思って幅を取るのをやめたら、(後半43分に前田)大然くんが入ってきて、(上田)綺世、大然くん、(中島)翔哉くん、(久保)建英と4人で攻めていたので、少し岳くんのサポートをしないとなとプレーを変えました」

 前田投入により、4-2-3-1からMF柴崎岳(ヘタフェ)をアンカーにした4-1-3-2の攻撃的なシステムシフト。右サイドハーフに入っていた安部は攻撃を前田、上田、中島、MF久保建英FC東京レアル・マドリード)にある程度任せ、守備で柴崎のサポートに回る判断を下したという。

 そのなかで安部が悔やむのが、後半39分のプレーだ。カウンターから敵陣に持ち込むも、シュートではなく、近くにいた久保への横パスを選択。相手にパスカットされてチャンスを逃した。

「1本ミドルを打てたのに横パスを選択して奪われた。終わってみれば打てば良かった」

「個人的なことで言えば、1本ミドルを打てたのに横パスを選択して奪われた。あの判断は難しかったですね。横パスを取られてしまったのは良くないですし、あそこで打つというのもありですけど、やっとマイボールになった場面でもあったので。今、終わってみれば、打てば良かったのかなと」

 今大会、A代表初選出となった安部は初戦のチリ戦(0-4)で代表デビューを飾り、全3試合に出場した。鹿島の一員としてFIFAクラブワールドカップスペインの名門レアル・マドリードと対戦した経験も持つが、改めてA代表のレベルを痛感したという。

「(柴崎)岳くん、(中島)翔哉くん、岡崎(慎司)さん、(川島)永嗣さんと一緒にやってみて全然違うなと思ったし、早く先輩方に近づくために頑張ろうと。どこが? いや、もうすべてじゃないですか。強度が全然違ったし、ああいう相手に慣れている」

 鹿島で「10番」を背負う20歳のアタッカーは、コパ・アメリカの悔しさを経てどのような成長曲線を描くのだろうか。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表MF安部裕葵【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)