(出典 www.theworldmagazine.jp)



今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)退団を表明したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)のバルセロナ復帰は実現しなさそうだ。スペインマルカ』が報じた。

シーズン限りでPSGとの2年契約が満了となるダニエウ・アウベスは23日、自身のインスタグラム(danialves)を通じて退団を表明。これを受けた行き先として、インテルや、マンチェスター・シティドルトムントのほか、バルセロナ復帰の可能性が飛び出すなど、去就が早くも加熱している。

だが、バルセロナにダニエウ・アウベスを連れ戻す動きはないという。ダニエウ・アウベス自身は今夏のカウンプ・ノウ凱旋を夢見ているようだが、バルセロナは他クラブの関心が取り沙汰されるポルトガル代表DFネウソン・セメド(25)が移籍したとしても、呼び戻すプランを描いていない模様だ。

その理由の1つとして、ダニエウ・アウベスがユベントス移籍時、バルセロナに批判的なコメントを残したことが尾を引いていると考えられるとのこと。ブラジル代表キャプテンの去就はいかに。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)