(出典 img.footballchannel.jp)



日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。

試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。

◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)
「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」

──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか
「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)