(出典 www.zakzak.co.jp)



途中出場したチリ戦に大敗 背番号18について「考える余裕もなく」戦っていたと告白

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ初戦でFIFAランキング16位のチリ代表に0-4と大敗を喫した。後半途中から出場したベテランのFW岡崎慎司レスター)は、「日本代表では苦い思い出のほうが多い」と“雑草魂”で這い上がってきた自身の生き様に現状を重ね合わせた。

 東京五輪世代18人という若いメンバーで挑んだ今大会、森保監督はスタメンにA代表デビューの6人を起用。4-2-3-1システムを採用したなか、1トップには“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)が入った。

 日本はセットプレーから失点した3分後の前半44分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出した上田が相手GKをかわして決定機を迎えたが、最終的にシュートは枠外へ。後半も12分のダイレクトボレーを含めて3度のチャンスを逃してしまった。

 岡崎は0-2で迎えた後半34分に上田に代わって1トップへ。しかし、チリの猛攻で守備に追われ、チャンスを作る前に後半37分、38分と立て続けに失点。攻撃でボールを持つ機会もほとんどないまま、0-4でタイムアップを迎えた。

 試合後、キリンチャレンジカップでは着る機会のなかった「18番」について問われた岡崎は、「そんなことも考える余裕もなく、2点入ってしまったので取り返さなきゃと」と胸中を吐露。それほど実際にピッチに立っていた選手たちは、コパ・アメリカ王者のチリに追い込まれていた。

 しかし、わずか中2日で20日にウルグアイ戦が控えており、肩を落としている暇はない。岡崎もチリ戦翌日、「まあ、日本代表では苦い思い出のほうが僕は多いので」と、日本代表ストライカーに長年君臨してきた原動力について改めて口にした。

「やり切れない思いをどれだけ残さないか。まだ自分も(その領域に)到達していない」

「やっぱりワールドカップベスト16で負けている部分もあるし、ブラジルワールドカップなんか特に(悔しさを)感じた部分。その時にいつも思うことは、どこかでやり切れていないと思う自分がいるから頑張れる。大会において、やり切れない思いをどれだけ残さないか。それはいつも自分に課していることで、まだ自分も(その領域に)到達していない。正解が何か探している段階ですね」

 上田やFW前田大然(松本山雅FC)ら若手の台頭があるなか、33歳となった岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている。

「もし正解があったとしたら、ワールドカップベスト8だったり未知のステージに行けている。ここにいるヤツらもみんなオリンピックで優勝したいと思っている選手たちだし、日本がまだ手にしていないものを手にしたいわけじゃないですか。僕もそれは思っているし、そのためには自分たちがやってきたことを超えないといけない」

 日本歴代3位のA代表通算50得点を誇るストライカーは、“新たな自分”を探して走り続ける。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている【写真:Football ZONE web】


(出典 news.nicovideo.jp)