(出典 f.image.geki.jp)



セットプレーから打点の高いヘディンシュートを被弾するなど4失点の大敗

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦のチリ戦で0-4と大敗を喫した。序盤は大会王者相手に互角に近い戦いを見せていたなか、前半にセットプレーから先制点を献上。地力の差を見せつけられた後半には3失点を喫して黒星スタートとなったが、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)は「見えないちょっとした差がここまで開く」と悔しさを滲ませた。

 今大会の日本は東京五輪世代の若手を中心にメンバーを組み、チリ戦では“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)らスタメン6人が代表デビュー。一方のチリはMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)やFWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)らが先発するなど、本気モードで襲いかかってきた。

 序盤は互角に近い攻防を繰り広げたが、同41分にCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に先制ゴールを献上。失点の場面、植田はビダルを背負い中央へ入れさせないようにしていたなか、目の前に飛んできたボールに対してジャンプを試みたが、プルガルのマーク役だったMF中山雄太(PECズヴォレ)と重なるような形になり、打点の高いヘディンシュートを許してしまった。

 さらに、後半に入ると徐々に地力の差がピッチ上に反映され、FWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2得点、FWサンチェスに1得点を許し、0-4の大敗を喫した。

「僕は勝てたと思う試合ほど、見えないところに差があるんじゃないかなと」

 植田はセットプレーで失った先制点を、「相手があの位置にいれば僕らがああなるのは必然。ボールに行っても良かったという思いもあるので、自分のマークだけでなく味方を助ける強さも必要かなと」と反省しつつ、大会王者チリに敗れた悔しさを滲ませる。

「試合をやって自分たちがやれるという思いが強い。自分も試合が終わって、この相手に負けてしまったことが悔しい。僕は勝てたと思う試合ほど、口で表すのは難しいけど、見えないところに差があるんじゃないかなと。そのちょっとした差がここまで開くんじゃないかと思います。(得意の)空中戦で負けてしまう部分もあったので、全勝できるくらいにしていきたい」

 チリ戦前には「僕がもっとチームを引っ張っていきたいという思いもある」と、ディフェンスリーダーとしての自覚を覗かせていた植田。FWルイス・スアレスバルセロナ)、FWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)と世界トップクラスストライカーを擁するウルグアイ相手にどこまで渡り合えるか、チリ戦の悔しさを胸に次戦のウルグアイ戦で意地を見せたい。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表DF植田直通【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)