(出典 tokushima.ismcdn.jp)



フィニッシュの精度不足を指摘 「チャンスで決めきれなかった」「決め切らないと…」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦でチリに0-4と大敗した。大会2連覇中の南米王者に力量差をまざまざと見せつけられる結果となったが、この大敗はなぜ生まれたのか。チリ戦を戦った監督・選手のコメントから舞台裏に迫る。

 今大会、東京五輪世代の若手を中心に臨んでいる日本は、短い準備期間のなかでチリ戦を迎えた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビュー。それでも世代別で共闘してきた選手も多く連係面のベースはできており、チリ戦の序盤は互角の攻防を披露した

 しかし徐々に地力の差が現れ、前半41分にはCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に被弾。後半にはFWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2ゴール、FWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)に1ゴールを決められて0-4と大敗した。

 大差をつけられ得点「0」に終わった日本だが、決定機を何度も創出しており、チャンスでの精度不足を指摘した選手は少なくない。4-2-3-1システムトップ下で代表初の先発出場を果たしたMF久保建英FC東京レアル・マドリード)は、「向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分たちはチャンスで決めきれなかった」と振り返る。

 再三のチャンスを逃した上田は「力不足で片付けるつもりはない。どうしたらいいかを考えながら、この遠征中に解決していきたい」と前を向く。また右サイドハーフで先発した前田が「前半の良い時に決めないと、ああいう展開になる。前半のうちに失点したのがもったいない。チャンスはあったので、決め切らないとああいう試合になる」と語れば、森保監督も「チリとのクオリティーの差があったことは認めなければいけない」と現実を直視する。

サイドの対応に課題 「人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」

 攻撃では相手ゴールに何度も迫っており、チャンスの形は作り出している。フィニッシュ精度が世界との差を如実に物語るが、それでも“攻撃の形”という点では一定の評価を与えてもいいだろう。

 一方、4失点という結果を受けて守備面の課題が噴出しており、指揮官は「一瞬のスキを突いてくる勝負強さがあると感じた」とチリを称えた。左サイドハーフで先発したMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)も「クロスの質が高く、ワンタッチも上手かった」と評している。

 4失点のGK大迫は「修正力、もっと味方に声をかけていれば……。3点目のファーから入ってくるのも前半から相手がやっていた。4失点目は、3失点目をしてから少し下を向いてしまったかなと思う」と振り返る。

 またサイドの対応について語ったのが、途中出場のFW岡崎慎司レスター・シティ)とCBの一角でフル出場したDF植田直通(セルクル・ブルージュ)だ。

サイドを上手く使われて数的優位を使われる。相手のほうが上手くサッカーをやった」(岡崎)
サイドに1枚張っている状態でセンターバックの前に落ちてくるのをどうするか戸惑った部分はあったし、そこで人数を割けなかった。相手に人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」(植田)

反撃ムードが漂うなかで終盤に2失点 「攻めている時ほどリスクマネジメントが必要」

 サイドからチリの攻撃を受けた日本は、さらに「僕たちのバイタルエリアに入る技術は高いと感じた」(中山)と中央のスペースも巧みに使われるなど後手を踏んだ。劣勢のなかで反撃に転じた日本は終盤に2失点したが、キャプテンのMF柴崎岳(ヘタフェ)は試合運びの課題を指摘する。

「悪くはないと思うけど、攻守は表裏一体。攻めている時ほどリスクマネジメントが必要で、その管理が足りなかった。個人的には自分たちが弱いというか、苦手としている部分をしっかり突いてきた」

 球際や局面では互角の攻防も繰り広げたが、終わってみれば0-4と大敗。チリに試合巧者ぶりを見せつけられる形となった。

 20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦と続く。グループ3位まで決勝トーナメント進出の可能性を残すなか、次戦の相手はFIFAランク16位のチリを上回る同8位のウルグアイだ(日本28位)。チリ戦で浮き彫りになった課題をどこまで修正し、ピッチ上のプレーに反映できるか。森保監督の手腕と選手の対応力に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

チリ戦の大敗はなぜ生まれたのか…監督・選手のコメントから舞台裏に迫る【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)