(出典 img.sskamo.co.jp)



ミランが、来シーズンヨーロッパリーグ(EL)出場権が無効になる可能性が高まっている。イギリスデイリーメール』がイタリアの情報をもとに伝えている。

ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反により、UEFA(欧州サッカー連盟)から訴訟を受けていたミラン。その後、同クラブスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴したことから、一時的にUEFAは訴訟を停止していた。

CASは8月14日まで審理を行うことはないと発表していたため、2019-20シーズンのEL出場権剥奪はないと見られていた。

ところが今回、来季のチャンピオンズリーグ出場権が獲得できず収支のバランスが保てなくなったミランは、EL出場を辞退し、UEFAに対しFFPをクリアするための執行猶予を求める動きを見せているという。

これが認められれば、ミランの代わりにローマがEL本戦へストレートインし、トリノがEL予選に参加する資格が得られることになる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)