(出典 www.targma.jp)



スペイン紙記者が断言 「いずれレアルトップチームへ上がれるほどの才能」

 日本代表MF久保建英は、14日にFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ完全移籍することが発表された。A代表デビューを飾ったばかりの18歳アタッカーは一躍スポットライトを浴びる形となったが、コパ・アメリカ南米選手権)で日本代表チームを取材しているスペイン紙記者が久保の将来を展望。「世界的スターになるには…」と語っている。

 日本サッカー界にビッグニュースが舞い込んだのは、コパ・アメリカに参戦する日本代表が現地時間13日、ブラジルで初日のトレーニングを終えた後だった。かつてバルセロナの下部組織に所属した日本の神童が、宿敵レアル・マドリードへ移籍。一度日本でプレーしているとはいえ、ライバルクラブを渡り歩く形となった移籍劇はスペイン国内でも注目を集めている。

 久保はバルセロナの下部組織で長年プレーし、2015年3月よりFC東京U-15むさしに加入。2016年FC東京U-18に昇格したなか2017年11月16歳でプロ契約を結んだ。2018シーズンの前半はFC東京プレーし、夏から横浜F・マリノスへ期限付き移籍。今季は再びFC東京に戻り、圧巻のパフォーマンスを披露し続けていた。

「彼はいずれレアルトップチームへ駆け上がれるほどの才能を秘めているよ」

 そう語ったのはスペインの大手紙「AS」のチリ版で記者を務めるパブロ・ヴェラ・オヘダ氏だ。コパ・アメリカグループリーグ初戦で対戦するチリ戦(現17日)を前に、日本代表の取材に訪れていた同氏は、「クボはとても速く、インテリジェンスがある」とプレーを分析。そのうえで、若きアタッカーの将来を次のように展望している。

「久保は、まだまだ成長段階」「厳しい競争がこれから始まる」と指摘

「ただ久保は、まだまだ成長段階。そして彼はレアルのカスティージャに加入したが、トップチームは、まさに世界屈指のレベルだ」

 久保が加入するのはレアルのカスティージャ(Bチーム)。いわば登竜門となっており、かつてはトップチームスペイン代表DFダニエル・カルバハル、同DFナチョ、同MFルーカスバスケス、ブラジル代表MFカゼミーロらが在籍。また、カスティージャから他クラブに旅立った選手も数多い。

 久保と同じ18歳ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールは昨夏、カスティージャに加入すると圧倒的なパフォーマンストップチームに引き上げられた。久保もまた、そうしたチャンスをつかめる場所に籍を移す。

 オヘダ氏は「クボが世界的なスターになるには、これまで以上の好パフォーマンスを続けないといけない。厳しい競争がこれから始まる」と指摘。ライバルを蹴散らして階段を駆け上がるには、ピッチ上で実力を証明し続ける以外に道はないと力説した。

 注目を集める久保だが、まずはコパ・アメリカで自身の価値をさらに高めることができるだろうか。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

日本代表MF久保建英【写真:Football ZONE web】


(出典 news.nicovideo.jp)