(出典 mens-hairdo.com)



レアル移籍の噂もあったポグバ、古巣ユーベに復帰?

 今夏の去就が注目されるマンチェスター・ユナイテッドフランス代表FWポール・ポグバだが、古巣ユベントスに復帰することですでに合意しているとの報道が出ている。イタリア紙「コリエレ・デッロ・スポルト」が報じた。

 ポグバ2012年、ユナイテッド定位置を奪えずに移籍金ゼロでユベントスに加入した。その後、ユベントスで中心選手として活躍するようになると、ユナイテッド2016年に当時の世界最高額となる8900万ポンド(当時のレートで約122億円)で、ポグバを買い戻した。

 ユナイテッドに復帰したポグバは、良い時期も、悪い時期も経験しながら公式戦135試合に出場して31得点を記録している。2018年ロシアワールドカップ優勝を経験したポグバは、ユナイテッドとの契約が2年残っており、さらに1年の延長オプションクラブが持っている。

 英紙「メトロ」によれば、26歳のポグバを獲得するには1億3000万ポンド(約179億円)が必要と言われている。そうしたなか「コリエレ・デッロ・スポルト」紙は、ポグバユベントスはすでに復帰で合意しており、高額の移籍金を賄うためにユベントスは資金調達する必要性があると伝えている。

ユーベは5人放出の“大刷新”で133億円の資金を捻出か

 ユベントスでは次期監督に現チェルシー監督のマウリツィオ・サッリ氏が就任すると見込まれており、クラブは新たなシステムフィットしない選手、またネームバリューの下がった選手を放出するつもりでいるようだ。そこには元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、ブラジル代表FWドウグラス・コスタ、ポルトガル代表DFジョアン・カンセロ、コロンビア代表MFフアン・クアドラード、イタリア代表GKマッティア・ペリンが含まれているという。

 ユベントスはこれらの放出により1億1000ユーロ(約133億円)を作り、ポグバの買い戻し、またはアヤックス主将のオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得資金に充てようと考えているようだ。

 1年前にはフランス代表の中核として、ロシアワールドカップ(W杯)優勝に大きく貢献したポグバ。今夏の移籍市場ではレアル・マドリード移籍も噂されていたポグバだが、果たして、再びユベントスユニフォームを着てプレーする姿を見ることができるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

去就が注目されるユナイテッドFWポグバ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)