(出典 portal.st-img.jp)



メディアで地元記者がアザール移籍の“損失”語る 「壊滅的な打撃になる」

 スペインの強豪レアル・マドリードは現地時間7日、イングランドプレミアリーグチェルシーからベルギー代表MFエデン・アザールを獲得したと正式に発表した。英国人サッカー記者のジョンクロス氏は、アザールを失ったのはプレミアにとって、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを失った時以来、最大の損失だと語っている。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

 レアルアザールとの契約が、2024年6月までの5年間であることを発表。今後、メディカルチェックを経て、現地時間13日に本拠地サンチャゴ・ベルナベウでお披露目を行うとしている。

 英紙「デイリーミラー」でチーフサッカーライターを務めるクロス氏は、「スカイスポーツ」が配信するポッドキャスト番組「Nations League Supplement」に出演し、アザールを失ったことは、2009年に当時の史上最高額でマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍したロナウド以来、プレミアにとって最大の損失だと話している。

「私たちがエデン・アザールについて忘れていることの一つは、彼のロスはチェルシーだけでなくプレミアリーグにとって、壊滅的な打撃になるということだ。一人の選手としては、クリスティアーノ・ロナウドマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードへ去った時以来、最大の損失だろう。それほど彼は才能があると思う。

 アザールプレミアリーグで最高の選手だった。チェルシーでは非常に影響力のある選手。ものすごく平凡な試合であっても、彼がボールを持つと全体に明かりを灯すし、彼はピッチ中を滑っているかのように動く。本当にワンダフルな選手で、チェルシーにとっては巨大な一打となるだろう」

 さらに、アザールを失ったチェルシーは元気がなくなり、様々な面において不安定になるとも予想。「この先2年か3年は、プレミアリーグにとって壊滅的な打撃となる。彼を恋しく思うだろう」と続けた。世界最高峰リーグに数えられるプレミアリーグだが、スターの移籍にリーグ全体が“ロス”に陥っているようだ。(Football ZONE web編集部)

チェルシーMFアザール(左)、ユナイテッド時代のFWロナウド【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)