(出典 www.football-zone.net)



インテルが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(25)に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

シーズンチェルシーレンタルしていたコバチッチ。マウリツィオ・サッリ監督の下、インテリオールの一角として重宝されたが、公式戦51試合の出場もそれほどインパクトを残すことはできなかった。

イングランドでの1年を終え、マドリーに戻る予定だが、マドリーでは来季の構想に含まれていないようで、先日発表されたベルギー代表MFエデン・アザール移籍の取引に含まれるのではないかとも見られていた。しかし、チェルシーがこれを拒否したうえ、チェルシーは今後2度の補強禁止処分が科される可能性が高いことから、同選手の去就は不透明になっている。

そんな中、アントニオ・コンテ監督が就任したばかりのインテルコバチッチに興味。コバチッチ2013年1月にディナモ・ザグレブからインテルに加入し、マドリーに移籍する2015年夏までの2年半で公式戦97試合に出場した。

伝えられるところによると、マドリーの要求額は5000万ユーロ(約61億4000万円)。決して安価ではないが、コバチッチの来季はいかに。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)